株式会社 高産(たかさん)

産業廃棄物・不用品処分でお困りの方は、株式会社高産へ

3S活動3S METHODOLOGY

私たちは、社員の成長、お客様の信頼獲得のため、日々3S活動に取り組んでいます。

3S活動とは

3Sとは、整理・整頓・清掃の頭文字を取ったものです。
それぞれの定義は以下の通りです。

整理は、会社にとって要るモノと要らないモノを分け、要らないモノを徹底的に捨てること。

整頓は、いつでも誰でも必要なモノが必要な時に、すぐに取り出せるようにすること。

清掃は、掃除をして、ゴミ、チリ、ホコリなどの汚れがない、ピカピカの状態にすること。

これらの活動は業務の効率化、職場の安全化、快適化を目的に行うのですが、全社一丸となって行うことで、
一人ひとりの気づく力が身に付き、感性が磨かれ、組織の成長に繋がります。

3S活動に取り組む理由

きっかけは、ある3Sで有名な企業の工場見学させて頂いた事でした。
3Sを徹底的にされている会社で、どこを見渡しても効率、安全、快適を追求されていて本当に素晴らしい職場でした。

そしてさらに素晴らしいのは案内をして頂いたそこで働く社員さんでした。
3S活動を通して自主性を発揮し、生き生きと働かれていました。
そこの社長曰く、3Sは社員教育のツールとしてもとても有効だと。

弊社でも業務の効率化、職場の安全化、快適化という目的は勿論ありますが、
3S活動を通して社員が成長し、働き甲斐を持って貰う事を第一の目的にしています。

3S活動の模様

文具の姿絵管理
文具の姿絵管理
日々の清掃活動
日々の清掃活動
チェック表で清掃管理
毎月の3S定例会
表示・標識による整頓
行動予定表
スリッパ置き場への標識

3S活動の成果

まず整理を行った事で、要らないもの(長期間使わなかったもの、重複して無駄にスペースを使っていたもの等)を処分したことで
スペースの有効活用が出来ました。
次に整頓を行った事で、誰が見てもどこに何があるか分かるようになってきたので、物を探さない=無駄な時間をかけないようになり、
作業や業務の効率改善が進みました。
そして、清掃を行う事で、快適な職場へと変わりました。

無駄をなくす事で経費の節減になり、効率を良くすることで生産性が上がり、
快適な職場になる事で社員が気持ちよく働けることで利益アップにも繋がりました。

そして3S活動を行う上でルール決めは必須で、やるべき事をしっかりと決め、
そして決めた事をしっかりとやって行く事で規律を守れる組織に成長してきました。

規律を守れる=約束を守れるという事は企業としての信用へと繋がります。

また社員の成長として今まで道にゴミが落ちていても気がつかない、または落ちていても気にならない人が落ちてる事が気になる、
ゴミを自主的に拾える、快適な状況を求め出す、現状に何の疑問も感じなかった人が、社内の問題に気づき改善意識が芽生え、
どんどん社内を改善していったり。

そういった気づく力が生まれ、気づく集団となり組織が成長していきます。

日々の取り組み活動

3S活動を本格的に初めて2年がもうすぐ経とうとしています。
始めた頃は毎月3Sのコンサルの方に来て頂き、1年間、定例会(講習、ワーク、ウォッチング、グループ討論)を行っていました。

基礎を学び、実践していく事で段々社内へ染み付いていき、翌年からはコンサルの方には3か月に1回来て頂くだけで、
後は自主的に定例会を行い3S勉強会、前月の計画のチェック、翌月の計画を自主的に行っています。

日々業務に追われて忙しいですが、合間を縫って改善活動を行い、効率化を進める事で時間を作り、
またその時間を改善活動に費やすという流れを作っています。

現在、整理整頓はかなり出来てきました。
清掃のルールがまだまだ改善の余地が在りますが、徐々にルール化され浸透してきました。

業種柄、チリや埃が溜まりやすいので今後もしっかりルールを決め、それを守り、日々の清掃を徹底していきたいと思います。
産廃業者であるからこそ3Sを徹底し、それをお客さまの信頼へと繋げていきたいと思っています。